1. トップ
  2. コラム
  3. コラム詳細

フィギュアスケーターを彩るメイク術
【対談】石井勲×安藤美姫

スポーツナビ
安藤美姫さん(左)とメイクアップアーティストの石井勲さんが、フィギュアスケーターのメイク術について語った
安藤美姫さん(左)とメイクアップアーティストの石井勲さんが、フィギュアスケーターのメイク術について語った【赤坂直人/スポーツナビ】

 フィギュアスケートはジャンプなどの技術面だけではなく、美しさも求められる競技だ。1つ1つの技における体のポジション、手足の動き、音楽との調和、衣装……。それらすべてが一体となったとき、記憶に残る演技が生まれる。またジャッジや観客に訴え掛けるという意味では、メイクも重要になってくる。そうしたスケーターたちのメイクの指導を長年にわたり行っているのが、株式会社コーセーである。なかでもメイクアップアーティストの石井勲さんはその中心となって精力的に活動している。平昌五輪に出場する宮原知子(関西大)や坂本花織(シスメックス)らのメイクも指導している。


 一方、2007年と11年の世界選手権を制し、06年トリノ大会と10年バンクーバー大会と二度の五輪に出場した経験を持つ安藤美姫さんは、現役時代から印象的なメイクで、見る者を魅了してきた。アイスショーなどでは、コーセーのメイクルームで髪をセットしてもらうこともあったという。美へのこだわりが強い旧知の2人が、フィギュアスケーターのメイクについて語り合った。

メイクのサポートに入った当初は……

サポートに入った当初は、メイクブースに来る選手は少なかったと、石井さんは回想する
サポートに入った当初は、メイクブースに来る選手は少なかったと、石井さんは回想する【赤坂直人/スポーツナビ】

――まず石井さんにお伺いします。コーセーがフィギュアスケーターのメイク指導を行うことになった経緯を教えてください。


石井 06年から、美との親和性の高い競技ということで、コーセーが日本スケート連盟のオフィシャルパートナーとなりました。それでメイクのサポートに入るということで、会場の一角にメイクブースを設けたことがきっかけです。ただ、最初のころは選手がなかなかブースに来てくれなかったですね。


安藤 そうなんですか。私は髪をセットしに行った記憶があります。


石井 いや、それはもっと後の方ですよ。最初のころは「誰なんだ、この人?」くらいの感じで皆さんからの冷ややかな視線を感じていました(苦笑)。後から聞くと「本当は行きたかったけど、コーチの目もあったので」と言っている人もいました。


安藤 私は自分でやっていたので、初めは知りませんでした。すみません。


石井 みんなそうでした。長洲未来ちゃん(米国)が初めてメイクブースに来てくれて、それからショーを通じて美姫ちゃんなんかも来てくれた。選手はルーティーンがあるんですよね? 朝起きて何をやってとか、メイクはここから仕上げてとか。


安藤 人それぞれですけど、私は試合前に人に触ってほしくない人なんです。あとは母が髪をずっとやってくれていました。メイクは下手でしたけど、14歳くらいから自分でやっていましたね。


石井 選手が多く来るようになったのは、07年のドリーム・オン・アイスを新横浜でやったときくらいからでした。美姫ちゃんがコーセーのメイクルームで髪をセットしたのはそのときだったと思います。それからこちらでやらせてもらうことも多くなったけど、忙しいときに美姫ちゃんは手伝ってくれるから助かるんですよ。


安藤 混みますからね。


石井 ジュニアの子が多いときはね。


安藤 ジュニアの選手はメイクもコーセーさんにやってもらうことが多いんです。男子もアイスショーのときは髪をキリッとセットしてもらいにいく。そうすると混んでいて「いつが空いていますか?」と聞きに来る。あの部屋は何人くらい入ります?


石井 最大3人くらいですね。


安藤 お手伝いしたときに「安藤さんのメイクをしてみたい」という子もいました。日本のメイクはナチュラルできれい系が多いですよね。エキゾチックなメイクをしたい子が来たときは私も「手伝いましょうか?」と言って、その部屋で一緒にメイクを手伝っていましたね。


石井 あれは助かりました。ありがとうございました。


安藤 いえいえ。面白かったです。

強いメイクを好んだ理由

『シェヘラザード』で演技をしていたとき、安藤さんは「アイホールにブルーを入れて強めで」というメイク指導を受けていた
『シェヘラザード』で演技をしていたとき、安藤さんは「アイホールにブルーを入れて強めで」というメイク指導を受けていた【写真:アフロスポーツ】

――安藤さんはご自身でメイクをされていたということですが、誰かに習ったことはあるのですか?


安藤 カナダか米国で1度習ったことがあります。


石井 海外の人に?


安藤 はい。でもその人はメイクのポリシーがあり、そのままやってもらってしまって……。やはりアジアンフェイスだから私には合わなかったんです。それもあって人にメイクしてもらうことに少し抵抗がついて……。


石井 そこで抵抗がついてしまったんですね。


安藤 そのあとニコライ・モロゾフ先生に指導を受けていたときに、とあるブランドの方に1回やってもらったら、その人はアジアンフェイスに合うメイクをしてくれた。アジア人でも彫りが深いように見せるやり方を教えてもらって、すごく新鮮でした。


石井 美姫ちゃんはそういうメイクが多かった。ダブルラインじゃないけど、アイホールを意識した強いメイクですね。


安藤 それはすごく意識していました。その人は舞台でも活躍されている方で、女性の良さを引き出すのがうまかった。フィギュアスケートは、ジャッジや、近くで見ている人への表現も大事ですけど、「どれだけ遠くの人からでも表情が見えるかだよね」と言われて「この人はすごく分かってくれている」と思いました。「君はアジアの目だから、少しここに薄いラインを入れると大きく見える」といったことを教えてもらったので、その年はそういうメイクをしていました。それが07年ころです。そのシーズンは『シェヘラザード』(ショートプログラム)と『ヴァイオリン協奏曲 第1楽章』(フリースケーティング)をやっていたんですけど、特にシェヘラザードは「アイホールにブルーを入れて強めで」と教えてもらいました。


石井 確かに強い印象があります。今のスケーターは全体的にすごくナチュラルになっていますよね。美姫ちゃんみたいに強いメイクを好む選手はあまりいないかな。


安藤 そのころも私くらいでしたね。浅田真央さんもけっこうナチュラルでしたし。


石井 最近ジュニアから上がった選手はそういう人が多い。「私はここまで入れたくない」「眉毛はこうしたい」と自分のこだわりはあるんですけど、ナチュラル寄りなんですよね。


安藤 テレビ映りはナチュラルの方がいいですもんね。クローズアップしたときに濃いとドーンとなりますし(苦笑)。


――テレビでアップになったときと、会場内の遠い所から見たときにも映えるメイクは両立するものですか? バランスの落としどころはありますか?


石井 落としどころはないかもしれないですけど、個人的には美姫ちゃんのように世界観を出して、しっかりと強さのあるメイクをした方が映えるようにと思っています。ただ実際は、選手が「もっとナチュラルに」と考えていたり、テレビが寄ったときの表情の方を気にしていたりすることが多いと思います。


安藤 テレビに映ってもやはりスケートは動いているから、動いているときの表情も強い方がいい。あと写真として残ったときに、テレビの枠ではなく全体や、体のポジションを考えると、少し色があったり、強めのメイクの方がきれいな気がします。

宮原と坂本のメイク時の様子は!?

宮原のメイクについて、石井さんは「赤を大々的に使った目元に注目」とポイントを挙げた
宮原のメイクについて、石井さんは「赤を大々的に使った目元に注目」とポイントを挙げた【坂本清】

安藤 石井さんは宮原選手のメイクをけっこうやられていますよね?


石井 毎回やっています。今季のショートは『SAYURI』ということで、和のメイクを表現しました。赤を大々的に使った目元に注目してもらえるといいかな。知子ちゃんは基本的に要望がなく、「お願いします」という感じです。最初のころはおとなしい印象だったんだけど、最近はすごく明るい。


安藤 心を開いたんですね(笑)。


石井 あと相談したのは眉の所。お母さんにカットしてもらったり、自分できれいにカットはしているんですけど、細かったり削り過ぎていたので、「ちょっとここだけは山を書いてね」というような細かいアドバイスはしましたね。


――坂本選手のメイクはやったことありますか?


石井 坂本花織ちゃんはちょうどここ(コーセー本社)で教えました。三原舞依ちゃん(シスメックス)も一緒でしたね。彼女たちも自分のこだわりが強かったです。


安藤 どういうこだわりだったんですか?


石井 「眉はこうしたい」「アイラインはここまで入れたくない」とか。指導しているコーチからすると世界観が大事で、「強さを出しなさい」と言われているみたいですけど、自分には似合わないと思っている意識がありました。普段のメイクに近い感じにしたいと。だからあえて「試合ではここまでやった方がいいよ」と、強さを出したりはしました。


安藤 私はメイクを習うときには「ガンガンやってください」と言っていました。そこから何か新しいテクニックを学べるときもあります。でも、うまくできないときもある。例えばラインをぼかすのはけっこう苦手ですね。メイクは習わないと本当に難しいです。


――男子選手のメイクもやりますか?


石井 男子選手は基本的に髪だけですね。ただ、海外の選手は「やってほしい」と言う選手も多いです。最近だと(アダム・)リッポン選手(米国)とか。「バカンスで日焼けしたようなメイクをしてくれ」と。そういう要望をしてくることはあります。あとアイスダンスはけっこう男子選手がメイクをしますね。


安藤 試合のときもパートナーがやってあげたりしますよね。

海外ではメイクが自己表現

海外ではメイクが自己表現だという。マナーや身だしなみと捉える日本とは大きな違いがある
海外ではメイクが自己表現だという。マナーや身だしなみと捉える日本とは大きな違いがある【赤坂直人/スポーツナビ】

――国ごとでメイクの特徴はありますか?


安藤 そこまではないと思います。海外の選手は髪型も衣装も曲に合わせている。(エフゲーニャ・)メドベージェワ選手らロシアの選手もだいたい同じ感じかなと。他の欧州選手や(アシュリー・)ワグナー選手(米国)なんかは(プログラムに応じて)けっこう雰囲気を変えてきている印象があります。


石井 確かにそうですね。あとジュニア選手に限れば、日本より海外の方がメイクはうまいなと思う。本当にそこだけは違います。


安藤 海外の子の方が大人びているからかな。


石井 生まれた国によってだと思います。日本人にとって化粧はマナーや身だしなみなんですけど、海外はメイクが自己表現なんですよね。それが大きいかもしれない。


安藤 本当に海外の子は小さいときからすごく上手です。「そこまで変われる?」というメイクをします。ラインとかも色を入れますし、髪型もきちんと変える。そういう意味で、日本の子はまだバリエーションが少ないのかなと思います。


石井 普段からメイク慣れしていないのかもしれないですね。海外の選手はアイスショーの練習でもメイクをしています。

バンクーバー五輪ではクレオパトラを演じるために、ショートプログラム後に髪を切ったという
バンクーバー五輪ではクレオパトラを演じるために、ショートプログラム後に髪を切ったという【写真:青木紘二/アフロスポーツ】

――安藤さんはご自身のどのプログラムのメイクが印象に残っていますか?


安藤 クレオパトラ(09−10シーズンのフリー)は好きですね。衣装がエメラルドグリーンで、イエローやゴールドのストーンが入っていたので、アイメイクもイエローやグリーンでがっつり色が入っていました。自分は選手として「1位のこの人」というように名前を覚えられるより、名前は覚えられなくても「あっ、クレオパトラ」と、人々の記憶に残る演技を目指していました。ですから「クレオパトラの選手だ」と言ってもらえるとすごくうれしいです。バンクーバー五輪のときはショートの後に髪も切ったんですよ。


石井 えっ、そうだったんですか?


安藤 大きいお団子ができるくらい髪も長かった。ニコライ先生に「他の選手と全然違う印象にするように」とずっと言われていたので、ショートからフリーまで1日空いていたし、「じゃあ、クレオパトラのイメージで髪をボブにしよう」と思ったんです。


石井 すごいですね。それくらい表現力にこだわりを持っているのは素晴らしい。


――メイクという視点から、平昌五輪はどう注目するといいでしょうか?


安藤 選手としての目線で見ると、衣装と曲との一体感の中にメイクも入れてほしいですね。リンクの上は違った自分を表現できる場所でもあるし、しかもショートとフリーとエキシビションもある。ですから普段の自分が好きなメイクよりも、自分の曲に合った髪とメイクをやってほしいと思っています。


石井 同感ですね。見る人にも、メイクも衣装も曲も一つにした世界観を楽しんでもらいたいし、選手自身もそれを研究して五輪に挑んでいただきたいなと思っています。


(取材・文:大橋護良/スポーツナビ)

【関連リンク】

スポーツナビ

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。