1. トップ
  2. コラム
  3. コラム詳細

日本のエース小平奈緒を阻むイ・サンファ
韓国記者「勝つ可能性は25%」と分析

李仁守

韓国が誇る“氷上の女帝”

韓国が誇る“氷上の女帝”イ・サンファ。日本のエース小平奈緒最大のライバルだ
韓国が誇る“氷上の女帝”イ・サンファ。日本のエース小平奈緒最大のライバルだ【写真:ロイター/アフロ】

 韓国にとっては、是が非でも勝ちたい戦いだ。2月18日に行われる平昌五輪の女子スピードスケート500メートルで、同国が誇る“氷上の女帝”イ・サンファが日本のエース小平奈緒(相沢病院)と対決する。


 五輪2連覇中のイ・サンファは、国内では絶大な支持を集めるスター選手。それだけに、今回の日韓対決には、韓国メディアやファンも並々ならぬ闘志を燃やしている。現地の報道を追っていても、2人の名を見ない日はないほどだ。


 韓国のスポーツ紙『スポーツ・ソウル』でスケート競技を担当するキム・ヒョンギ記者も、国内の盛り上がりをひしひしと感じている。


「イ・サンファは、看板スターとして長らく注目を集めてきました。平昌五輪でも、もっとも期待されている選手です。小平との対決には国中が関心を寄せていますよ」


 そもそもイ・サンファは、早い時期から500メートルでその才能を発揮してきた。


 小学1年生のときに兄の影響でスケートを始め、フィギョン女子中学時代に韓国代表に選出されると、2005年の世界距離別選手権では中学3年生にして銅メダルを獲得。翌06年のトリノ五輪にも韓国代表として出場して5位に入り、07年にトリノで開かれた冬季ユニバーシアードでは優勝を飾っている。

バンクーバー、ソチと五輪2連覇中

ソチ五輪では500メートルの五輪記録を塗り替えて金メダルを獲得。史上3人目となる五輪2連覇を達成した
ソチ五輪では500メートルの五輪記録を塗り替えて金メダルを獲得。史上3人目となる五輪2連覇を達成した【写真:ロイター/アフロ】

 そんな彼女の名を世界に知らしめる決定的なきっかけとなったのは、10年のバンクーバー五輪だった。


 この大会、当時の世界記録保持者であるドイツのジェニー・ウォルフを抑え、500メートルで金メダルを獲得。20歳にして、アジアの女子スピードスケート選手として史上初めて五輪の頂点に立った。


 キム・ヒョンギ記者も、当時のイ・サンファの成長スピードには驚かされたという。


「イ・サンファに実力があることは知られていましたが、それでもバンクーバーではうまくいって銅メダルというのが大方の予想でしたから、本番での爆発力には驚きましたね。もともと才能のある選手でしたが、若い頃からスピードスケートに打ち込んできたからこそ、成長のスピードも早かったのでしょう。実際、あの頃のイ・サンファは、昨日と今日とでは別人のような滑りを見せていました」


 イ・サンファの快進撃はバンクーバー五輪以降も止まらなかった。


 同大会後の2シーズンを強化に当てると、13年1月のワールドカップ(W杯)カルガリー大会では36秒80をマークし、500メートルの世界新記録を樹立。同年11月のソルトレークW杯では36秒36をたたき出して自身が持つ世界記録を更新している。


 さらに、翌14年のソチ五輪では、500メートルの五輪記録を塗り替えて金メダルを獲得し、女子スピードスケート史上3人目となる五輪2連覇を達成している。


 そんな彼女の実力は、世界のトップ選手も認めざるを得なかった。同大会でイ・サンファに敗れ、銀メダルに終わったロシアのオルガ・ファトクーリナも、韓国が生んだ“氷上の女帝”には称賛を惜しまなかった(編注:後にロシアの組織的ドーピングが判明し、17年11月にメダルが剥奪された)。


「イ・サンファの技術は完璧でした。まるで陸上のウサイン・ボルトのように思えました。彼女こそ、女子500メートルのリーダーだ。本当にすごい滑りでした」

昨季から不振が続くも復調の兆し

昨季以降、W杯では小平(左)に全敗。記録も落ち込んでいる
昨季以降、W杯では小平(左)に全敗。記録も落ち込んでいる【写真:松尾/アフロスポーツ】

 早くから才能を発揮し、名実ともに女子スピードスケート界の頂点に上り詰めたイ・サンファ。だが、ここ最近は不振が続いている。昨季以降、W杯では小平に全敗。記録も落ち込んでいるのだ。


 イ・サンファが調子を落としている最大の要因は、バンクーバー五輪当時から悩まされているけがにある。膝の軟骨がすり減って水が溜まる症状が続いており、さらには下肢静脈瘤も発症。昨季はふくらはぎの筋断裂も起こしていた。イ・サンファは、痛みのあまり足を動かせないときもあったと告白している。


 彼女を苦しめたのは、けがそのものだけではない。けがの影響で成績が振るわないことに対し、一時はファンやメディアが心無い言葉を浴びせることもあったのだ。精神力の強さに定評があるイ・サンファも、当時はさすがにショックを隠し切れない様子だった。


「『不振に陥っている』と言われると、無気力になってしまいます。正直、とてもつらいです。精一杯頑張っているのだから、そういったネガティブな言葉はやめてもらいたい。いまの私にとっては金メダルよりも、心を空にすることが目標かもしれません」


 重なるけがと国内からの批判によって、心身ともに不安定な状態が続いたために、イ・サンファは失速してしまったわけだ。


 しかし、逆境に立たされたときにこそ、闘争心に火が付くのがイ・サンファでもある。キム・ヒョンギ記者が言う。


「もともとイ・サンファは、かなり負けず嫌いな選手です。彼女が小平にライバル心を燃やしていることは、直接取材をしていても感じます。彼女は最近、“小平”とは決して口に出さず、“あの選手”と言うんですよ。ライバルの名を語ることすらも、プライドが許さないのでしょう。イ・サンファは、小平に勝つために抜かりなく準備を進めています」


 実際、平昌五輪に向け、イ・サンファはできる限りの準備を行っている。


 例えば、昨年3月には、苦しんできた下肢静脈瘤の手術に踏み切った。これまで彼女は、リズムを崩したくないと手術を避けてきただけに、相当な覚悟で平昌に臨んでいることがこの決断からもうかがえる。


 そして、その決断は奏功した。今季のW杯の記録を見ると、昨年11月のスタヴァンゲル大会の1次レースでは、500メートルで38秒08と小平(37秒08)に1.00秒の差を付けられていたが、12月のソルトレークシティー大会1次レースでは、36秒71をマークし、小平(36秒50)との差を0.21秒まで縮めている。


 イ・サンファが36秒台を記録したのは、2年ぶりのことだった。イ・サンファは同大会後、コンディションは85%まで戻っていると自己分析し、平昌までには100%まで持っていけると現地記者に話していた。

「最後の五輪。“平昌は私のものだ”」

昨年12月のW杯では小平と接戦を演じるまで復調。五輪2連覇に導いたクロケットコーチと最終調整にも力を入れている
昨年12月のW杯では小平と接戦を演じるまで復調。五輪2連覇に導いたクロケットコーチと最終調整にも力を入れている【写真:松尾/アフロスポーツ】

 また、最終調整にも力を入れている。1月22日からはドイツでトレーニングを開始。かつて彼女を五輪2連覇に導いた、現カナダ代表コーチのケビン・クロケット氏に再び指導を受けている。クロケットコーチは、イ・サンファが「親友のようだ」と絶大な信頼を寄せる人物だ。


 キム・ヒョンギ記者も、ここにきてイ・サンファが本来の滑りを取り戻しつつあると感じている。


「これまでの試合を見る限りでは、イ・サンファが小平に勝つ可能性は25%ぐらいというのが正直なところ。そう言い切れるくらい、小平の強さは本物です。ただ、イ・サンファは平昌に向けて確実に調子を上げていますし、ホームの利点もあります。それに、イ・サンファは500メートルに照準を絞っているので、1000メートルなどにも力を入れる小平よりも、試合に集中できるのではないでしょうか。本番ではどちらに軍配が上がるか分かりません」


 イ・サンファ自身も、平昌五輪での小平との対決には自信を覗かせている。


「“あの選手”と私の滑りを映像で分析しています。本番までにもう少し調整すれば、勝算はある。今は追う側の立場ですし、ホームで開かれることもあって気楽です。カーブがちょっときつい江陵のリンクも私に合っている。平昌五輪は、私にとって最後の五輪。試合後には、“平昌は私のものだ”と胸を張って言えると思います」


 ライバル心をむき出しにし、小平に勝つために万全の態勢を整えるイ・サンファ。2シーズン全勝中の小平とて油断はできないはずだ。女子スピードスケートの日韓対決は、今大会屈指の名勝負になる予感がする。

【関連リンク】

李仁守

1989年12月18日生まれの在日コリアン3世。大学卒業後、出版社勤務を経て、ピッチコミュニケーションズに所属。サッカー、ゴルフ、フィギュアスケートなど韓国のスポーツを幅広くフォローし、『サッカーダイジェストweb』『アジアサッカーキング』『アジアフットボール批評』『女子プロゴルファー 美しさと強さの秘密(TJMOOK)』などに寄稿。ニュースコラムサイト『S−KOREA』の編集にも携わる

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。