1. トップ
  2. コラム
  3. コラム詳細

カーリングとフィギュアの戦略とは!?
【対談】両角友佑×小塚崇彦 前編

スポーツナビ
男子カーリング日本代表のSC軽井沢クラブでスキップを務める両角友佑と、元フィギュアスケーターの小塚崇彦さんが対談。競技の戦略について語った
男子カーリング日本代表のSC軽井沢クラブでスキップを務める両角友佑と、元フィギュアスケーターの小塚崇彦さんが対談。競技の戦略について語った【写真:築田純】

 男子カーリングの日本代表として、平昌五輪に出場するSC軽井沢クラブは、2月14日に初戦を迎える。1998年の長野五輪で正式種目となって以降、女子は毎回出場しているが、男子は実に5大会ぶり。地元開催だった長野五輪以来となる切符を勝ち取った。そのチームのスキップを務めるのが両角友佑だ。スキップはチームの司令塔とも言うべき存在で、文字通り中心的な役割を担う。


 一方、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんは、2010年のバンクーバー五輪に出場し8位入賞、11年の世界選手権では銀メダルに輝いた経歴を持つ。実際にカーリングを体験したこともあるという。


 そんな2人の対談が実現した。前編のテーマは「競技の戦略について」。国ごとの特色、練習方法についても語り合った。

リスクを負いながら点数を狙っていく

SC軽井沢クラブは攻撃的な作戦で、リスクを負いながら得点を狙っていく
SC軽井沢クラブは攻撃的な作戦で、リスクを負いながら得点を狙っていく【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

――SC軽井沢クラブは、どのようなカーリングを目指しているのでしょうか?


両角 日本で昔やっていたのはカーリングの中でも守備的な作戦なのですが、僕たちのチームは今すごく攻撃的な作戦でやろうとしています。


小塚 具体的にはどのような作戦ですか?


両角 (ハウスと呼ばれる)円の中がシンプルな形になるほど、自分たちの石ははじかれやすいのですが、自分たちの石が何個かあると、チャンスになります。相手の石にうまく自分たちの石もくっつけていき、そこにドンと石が当たったら、相手の石だけ出ていくような形を作っていく。そのためには、いざというときにたまっている石を一気に出せるパワーが必要になります。そのようなショットを、僕たちのチームは日本の中でも早い段階で挑戦してきました。成功率としては決まりにくい難しいショットになるのですが、リスクを負いながら点数をたくさん狙っていく作戦をとっています。


――フィギュアスケートの戦略は、どういったものがありますか?


小塚 やはりルールがあるのでそこをうまく、どうかいくぐっていくかを考えます。あとはその場面によって前の選手や、後の選手が何をやってくるのだろうか、何をやったのだろうかというところを考えたうえで、戦略的に変えることはありました。ただ、変えると言っても、やはり練習はしています。そこを見越して、どうなっても対応できるようにいろいろなパターンで練習はしていましたね。


両角 他の選手の演技は気になるものですか?


小塚 僕は気になる方だったんですけど、先生は見せないようにしていました。結局、自分のやるべきことがきちんとできたら点数は出ます。相手がいるようでいないんです。直接的に関係はしておらず、コンタクトもないので、まずは自分に集中することは気をつけていました。その点、カーリングは相手のストーンを飛ばしていく競技だから、相手を意識することはフィギュアスケートよりも多いですよね。


両角 カーリングも自分のショットを投げるときには、全く相手とコンタクトがないですし、投げている間に相手は動いてはいけないんです。相手チームの邪魔をしてはいけないというルールがあり、余計な動きをしていると止められます。なので自分のやりたいことは、いつも通りのことができれば成功するというのが前提です。ただ、場面場面でチームによっていろいろな戦略があります。次のショットは相手の番になるので「相手が何をやってくるのか」ということを予想しながら、自分たちの作戦が少しずつ変わっていくのは、フィギュアスケートと少し違う部分かもしれないですね。

ロシアと北米でジャンプの跳び方が違う

ロシアと北米でジャンプの跳び方が違うという。ロシアの選手は高く跳ぶ傾向が強い
ロシアと北米でジャンプの跳び方が違うという。ロシアの選手は高く跳ぶ傾向が強い【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

小塚 あらかじめ対戦相手がどういう戦略で来るかは、分かっているのですか?


両角 カーリングは国の特色がけっこう強いんです。スコットランド、ノルウェー、スウェーデンなど各国で違った特徴があります。カナダは強いチームがいっぱいあり、それぞれ戦略を持っているので、代表チームが決まるまでは絞れないんですけど、国ごとの特色があるので、だいたいは知っています。あと世界選手権などの国際大会に僕たちが毎年出ているのは、この先の五輪で戦う相手がどのようなカーリングをしてくるのかを知っている方が、自分たちに有利になるという理由があります。


――フィギュアスケートでは国ごとの特徴はありますか?


小塚 ジャンプの跳び方は、ロシアと北米とで少し違いますね。


両角 へえ、全然分からない(笑)。


小塚 ロシアの選手はどちらかというと高く上がって、北米は横に跳ぶ選手が多いです。高く跳ぶ方が軸はぶれにくいので、安全に確率良く跳べる。北米は遠くに跳ぶので軸は少しブレやすい。スピードがあるのでタイミングもずれやすく、きれいなジャンプを求める傾向にあります。出来栄え点を狙ってきますが、失敗したときには減点されてしまいます。それがロシアと北米の違いで、日本はどちらの先生にも習いにいくので、両方のタイプの選手がいますね。


両角 選手は自分に合った跳び方を選ぶんですか?


小塚 どちらもやってみてというのが多いですね。あとは習った先生によって癖がついてしまうので、そのままいくという感じかな。


両角 ロシアの先生だったらもっと高く跳びなさいと言ったり、北米の先生だったらもっと出来栄え点を狙うようにしなさいという感じ?


小塚 全員が全員そういうわけではないですが、北米の先生は、そういう先生が多いですね。今、ロシアから米国に渡って、米国で教えているロシアの先生もいるので、少しずつミックスされてきてはいます。

カナダのショット成功率は90パーセント

カーリングも国ごとに戦略の特徴が違う。カナダはショット率の高さを前提とした作戦を取ってくるという
カーリングも国ごとに戦略の特徴が違う。カナダはショット率の高さを前提とした作戦を取ってくるという【写真:築田純】

――カーリングも外国人コーチが就任したら、その国の戦略になることが多いのですか?


両角 そうですね。今おそらく一番多いのが、カナダから他の国のコーチになるパターンです。あとはスウェーデンにカーリングの学校があり、そこで先生をやっていた人が、別の国のコーチになったりすることがあります。カナダのチームは、基本的に投げるのがうまい。だから、決まることが前提の作戦をたてる。ショット成功率は90パーセントくらいが当たり前の世界です。僕たちは世界選手権の平均がだいたい85パーセントくらいで、4人が5パーセントずつ違うとなると、簡単に2点取られてしまったり、逆に複数得点を取るのが難しくなるということがあります。


 ただ、カナダのコーチはショット率が良い前提の作戦をやってくるので、投げるのがうまくないチームで同じことをやると、僕たちが勝ちやすくなります。向こうはけっこうシンプルに攻めてきて、石をごちゃごちゃさせないんですよ。なのでわりと試合はしやすいのですが、逆にうまいチームにそれをされてしまうと、攻める場所がなくなってしまう。僕たちは石をためて、シンプルじゃなくしていくことでチャンスを作っていくタイプなので、そういうのを全部かわされてしまうんですね。うまい人たちが多いカナダ人とその作戦はすごく合っていると思います。


小塚 コーチが教えることは基本的に戦略が多い?


両角 そうですね。あとは、よほどひどい癖があったりすると投げ方についても教えることがあります。ただ、練習の方法は国ごとに違います。日本人は反復練習が好きですよね。僕たちも同じ所に投げ続けて、自分の納得するフォームや、自分の納得する感覚で、何投も同じ所に投げたりします。ただ、カナダの練習だと同じ所に投げ続けるなんて試合では絶対にないので、毎回違う所に違う速さで投げて、その一投を決めるという練習をするチームがすごく多い。練習方法からかなり違います。カナダのコーチに教わると、「なぜこんなに同じ所に何度も投げるのか」と言われます(笑)。1回の練習で100回くらい投げるのですが、「普通そんなに投げないよ」という感じで見られがちです。


小塚 それはどちらが正しいのですか?


両角 僕は、育った環境で全然違うんじゃないかと思っています。調整することに慣れているカナダ人はそんなに投げなくても、きれいに決めます。カナダは小さい頃からカーリングをやる文化があるので、僕と同じ年の選手でも経験年数が5年から8年くらい違う。僕は中学校2年生から始めたので、遅かったんです。トップの選手と同じ年でも経験年数が違うので、カナダの選手はすごく前後の感覚を合わせるのがうまいですし、タッチみたいなものも違うので、その差は感じます。

カーリング、フィギュアの練習法は?

フィギュアの練習は日に3回行うことも。ジャンプ、スピン、ステップと要素が多いことが理由だ
フィギュアの練習は日に3回行うことも。ジャンプ、スピン、ステップと要素が多いことが理由だ【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

――フィギュアスケートの練習方法はどうですか? 朝昼夜と1日3回練習をしていることもあるようですが。


両角 朝昼夜と3回もやるんですか?


小塚 3回やります。やることがまず多いんですよね。要素としてジャンプ、スピン、ステップがあります。第一に滑るということがあって、ジャンプが6種類あり、スピンも基本姿勢が3種類ですけど、プログラムに入っているのはショート、フリー合わせて6種類ある。ステップもショートで1本、フリーだと2本ある。1回ずつで終わりにしたとしても、なかなか時間はかかります。


両角 僕たちも昔は朝昼晩と集まって3回、1日練習していたときがありました。しかし、今は皆が就職したので、それぞれ個人で練習しています。2017年はやっとチーム練習の回数を増やせるようになってきて、週に4回ほど集まり2時間くらいやっています。それ以外は、週5回の個人練習が1人1時間半から2時間くらいという感じです。カーリングは、ステップやジャンプなどの種類はあまりなく、確かに投げ分けてはいるんですけど、大事なのは立てられたブラシに向かって真っ直ぐ離すということ、あとは言われた速さをしっかりと調節することの2つだけなんです。その組み合わせで全部のショットが実はできるので、やることが意外と少なくて(笑)。


小塚 チームスポーツだけど、個人練習の方が多いですか?


両角 うちのチームは多いですね。チーム練習が必要なのは、僕は指示を出す側なのですが、やはり真っ直ぐ投げるようにしているとはいえ、個々に癖があるんです。だから、その癖を分かっていないと投げる幅が少し違ってくる。1番目の人と3番目の人が全く同じ投げ方をすることはない。身長や石の離し方も違うし、それを知っておく必要があるので、チーム練習も必要になってきます。


小塚 仲間たちと、それぞれのプレーを見ておくという感じですね。


両角 そうですね。あとカーリングは投げた後にブラシで掃きながら調節できる。よく滑って伸びる石を投げる人もいれば、なかなか止まらない石を投げる人、ブレーキがかかったような石を投げる人もいる。それをチーム全体で共有しておくという感じです。


小塚 掃くだけで2メートルくらい変わるというのを、以前(SC軽井沢クラブのセカンドの)山口剛史選手に教えてもらいました。


両角 山口やうちのチームの2人が頑張って掃けば、3メートルくらいは変わると思います。掃く方もただ掃くだけじゃなくて、いろいろ考えながら掃く必要がある。スキップが頭を使っていると思われがちですけど、全選手がいろいろな場面で頭を使わないといけない。僕は逆に掃いたりしないので、それに関しては下手なんです(苦笑)。


(取材・文:大橋護良/スポーツナビ)


<後編に続く>

【関連リンク】

スポーツナビ

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。