1. トップ
  2. コラム
  3. コラム詳細

4年間の成長を感じたスマイルジャパン
元代表監督の八反田孝行氏が解説

構成:スポーツナビ
3大会目の五輪で初白星を飾ったスマイルジャパン。予選ラウンドの戦いを振り返る
3大会目の五輪で初白星を飾ったスマイルジャパン。予選ラウンドの戦いを振り返る【写真:ロイター/アフロ】

 平昌五輪の女子アイスホッケー予選ラウンド最終戦が14日に行われ、日本女子代表「スマイルジャパン」は韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」と対戦し4−1で勝利。1998年長野五輪、2014年ソチ五輪に続く3大会目にして、初白星を飾った。


 スマイルジャパンは10日の第1戦でスウェーデンに1−2の惜敗、12日の第2戦でスイスに1−3で敗れており、この結果、予選ラウンドを1勝2敗で終了。18日から始まる5〜8位決定戦に回ることになった。


 ここまでの戦いについて、元日本女子代表監督で、現在は日本アイスホッケー連盟の強化本部長を務める八反田孝行さんに解説してもらった。

完全アウェーの中で勝ち切れたことを評価

今大会2得点を決めている久保英恵。コリア戦の先制点は見事な連携からのゴールだった
今大会2得点を決めている久保英恵。コリア戦の先制点は見事な連携からのゴールだった【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

――日本女子代表は予選ラウンド3試合を終えました。コリア戦では五輪初勝利を挙げましたが、この試合を振り返って、いかがだったでしょうか?


 立ち上がりが予想していた以上に良かったです。完全アウェーで緊張感が出る試合で、選手は硬くなるかと思っていましたが、非常に動きが軽快で素晴らしい立ち上がりでした。一方、コリアの方が動きが硬かった印象です。


――序盤の攻勢の中から、久保英恵選手(西武)が先制点を奪いました。


 鮮やかなパスから久保選手がシュートを決めてくれました。早い段階で得点を奪え、続いてパワープレー(※ペナルティーによる数的優位な状況)でも追加点を奪えたことは試合運びとして良かったです。2点目は、日本が目指している「シュート&リバウンド」という形で決められたので、非常に良いと思います。


 ただ気をつけないといけなかったのが、2点目が入ってからホッとしてしまったのか、流れが変わっていきました。コリアが初シュートを打ったのが10分ぐらい経過した時点でしたが、これはゴール前で角度が変わる難しいシュートでした。それをゴールキーパーの小西あかね選手(西武)がしっかり処理しました。この辺りから日本の軽率なパスミスなどもあり、流れが移りましたね。


――第2ピリオドには失点も許しました。


 第2ピリオドの立ち上がりも第1ピリオド同様、攻勢が続き動きは良かったです。3点目が入るチャンスもあったのですが、そこでシュート技術のミスでフィニッシュを決め切れない嫌な展開でした。これでゲームの流れが相手に傾き、ワンチャンスが失点につながりました。小西選手とすれば、数少ない相手のシュートを1試合を通して無難に守っていましたが、この1本だけが悔やまれるところでした。


――コリアに迫られてから、日本は遠目のシュートもたくさん打っていた印象です。


 それは相手GKが実力もあって、1発では入らないため、ブラインドを作ったり、手前で角度を変えたり、リバウンドを狙うという意図だったと思います。ですがコリア戦ではその前のスウェーデン戦やスイス戦に比べて、ゴール前まで攻め込む機会もあったので、ゴール前でセンタリングから狙うチャンスも作れました。あとは最後の決定的なところでシュートミスがあり、決めなければいけないシュートが何本もありました。1戦目、2戦目では腕力を含めたシュート力の差が露呈しましたが、この試合では技術的なミスショットも見られたので、次に向けての課題かと思います。


――第3ピリオドでは再びパワープレーから小池詩織選手(道路建設)が追加点を奪いました。


 第3ピリオドも相手に攻め込まれたところもありますが、普通の試合であれば当たり前のことで、会場の雰囲気が相手の「絶好のチャンス」であるかのように見せていました。ですがその中で、難しい試合を勝ち切ったことは評価できます。1点を失ったり、得点を決め切れないという課題はありますが、2連敗で迎えたこの状況で勝利できたことは、今後の試合に勝ちにいくという意味で、価値ある勝利でした。

格上に接戦も「勝ち切ることへの未熟さ」があった

スイス、スウェーデンといった相手に善戦したが、国際大会では一瞬のスキが失点につながってしまう
スイス、スウェーデンといった相手に善戦したが、国際大会では一瞬のスキが失点につながってしまう【写真:ロイター/アフロ】

――予選ラウンドは第1戦、第2戦とも競り負けましたが、この敗戦で見えた課題はどんな点でしょうか?


 スウェーデン戦、スイス戦では、この4年間の成長を感じさせる良い動きがあったと思います。ただ国際大会において、同等の力、もしくは格上を相手にする試合だと、1つのプレーが得点や失点、もしくは勝敗につながってしまうということを痛切に感じました。「勝ち切ることへの未熟さ」があり、スイスとスウェーデンには敗れてしまいました。


――「勝ち切る」ために必要なことは何でしょうか?


 最初の2試合においては、自分たちのミスで相手に得点を与えてしまいました。本当に1プレー、2プレーがキーポイントになります。そこを完ぺきにこなさないと勝利は奪えない。それが国際試合の難しさだと思います。


――スイス戦、スウェーデン戦は日本選手の運動量も多く、格上相手にしっかり戦えたように見えました。


 正攻法で正面からぶち当たり、互角の戦いをしながら、自分たちのミスで結果的に敗れています。それは相手GKのパスや、守ることに対するうまさ、その点を素直に尊重します。ただそのような相手に日本はどのようにすれば勝てるのか。それには、正面からだけではなく、工夫してゲームを組み立てていくこと、そしてゴールを狙うことが大切だと思います。少し泥臭いと言いますか、いろいろ工夫して戦っていかないと得点は入らないです。


 まずはしっかり守りきるというのが日本の1つの形です。運動量も多く、粘りのある献身的なプレーで、相手の良いところを消すことがどんな相手に対してもできます。そのようなプレーを20分×3ピリオド、合計60分間走り抜く運動量を武器にしていますが、それを攻撃に結び付けて得点を狙えればということです。

順位決定戦のキープレーヤーはGK藤本

順位決定戦のキープレーヤーになるのが守護神・藤本那菜。本来の力を出し切ることがチームを勝利に導く
順位決定戦のキープレーヤーになるのが守護神・藤本那菜。本来の力を出し切ることがチームを勝利に導く【写真:ロイター/アフロ】

――18日から順位決定戦が始まりますが、日本代表におけるキープレーヤーは誰になるでしょうか?


 やはりGKですね。もちろん次の試合に誰が出るかは決まっていませんが、第1戦、第2戦を務めた藤本那菜(ボルテックス札幌)が、彼女の持っている力を出すことが大事だと思います。両試合とも1点目の失点は普段の彼女であれば止める事ができた失点でした。ですので、順位決定戦では彼女の本来の動き、もしくはいつも以上の活躍がないと戦えないかと思います。


 あとはFW陣が奮起してほしいです。チャンスは数少ないかもしれませんが、それを確実に得点に結び付けないと「いいゲームだった」だけで終わってしまいます。勝ち切れない試合になってしまう可能性があるので、とても大事ですね。


 予選の反省を生かし、どう戦い方を変えて臨めるか。スウェーデン戦の反省点を生かし切れず、スイス戦では一瞬のスキを突かれて失点してしまいました。ですので、この2つの敗戦の反省点を次につなげること。真っ向勝負でGKにシュートを打っても得点は奪えない。そういうことを自覚し、どう相手GKを攻略するかが勝敗の鍵になるでしょう。

【関連リンク】

構成:スポーツナビ

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。