1. トップ
  2. コラム
  3. コラム詳細

渡部暁のLH金はジャンプの出来次第
荻原健司氏が複合ノーマルヒルを解説

構成:スポーツナビ
ノルディック複合個人ノーマルヒルで、2大会連続で銀メダル獲得となった渡部暁斗
ノルディック複合個人ノーマルヒルで、2大会連続で銀メダル獲得となった渡部暁斗【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 平昌五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルが14日に行われ、渡部暁斗(北野建設)が2位に入り、2014年ソチ五輪に続く2大会連続の銀メダルを獲得した。優勝はソチ五輪金メダリストのエリック・フレンツェル(ドイツ)。そのほかの日本勢では、渡部善斗(北野建設)が12位、永井秀昭(岐阜日野自動車)が14位、山元豪(ダイチ)が33位に終わっている。


 渡部暁は前半ジャンプの最終滑走者となる48番目に登場。105.5メートルを飛んで123.7点をマークし全体3位となった。トップに立ったフランツ・ヨーゼフ・レアール(オーストリア)とは28秒差で、後半の距離(クロスカントリー)に臨んだ。


 クロスカントリーでは前を走る2人にレース中盤で追いつき、後ろから追ってきたフレンツェルらとともに先頭集団を形成。残り1キロを切ったところでフレンツェルが前に出ると、渡部暁は抜くことができず2位でフィニッシュとなった。


 複合個人ノーマルヒルの戦いについて、1992年アルベールビル五輪、94年リレハンメル五輪の団体メンバーとして金メダルを獲得、ワールドカップ(W杯)では3シーズン連続個人総合1位の偉業を達成し、今回はノルディック複合競技の放送解説を務めている荻原健司さんに話を聞いた。

力を十分に発揮できての銀メダルだった

前半のジャンプでは最終滑走者となったが、わずかなミスが出てしまった
前半のジャンプでは最終滑走者となったが、わずかなミスが出てしまった【写真:青木紘二/アフロスポーツ】

――まず、今回のレースについて聞かせてください。


 渡部選手は本当に素晴らしい活躍をしてくれて、素晴らしい銀メダルだと考えています。彼の力を十分発揮できたレースだったと思います。ただ、やはり現在W杯総合ランキング1位ということ、あるいは本人が「金メダルを取るためにここに来た」と言っていることから考えると、惜しかったなという感想も同時にありますね。次(20日)の個人ラージヒル(LH)に向けては、まず一安心したと思いますし、さらに自信を深めた結果だったのではないでしょうか。


――ジャンプとクロスカントリー、それぞれについて伺います。前半のジャンプでは全体3位につけることができました。


 わずかなミスがありました。渡部選手がジャンプでミスをするというと飛び出しのミスがほとんどです。それは、前方向に少し突っ込みすぎてしまう傾向がありまして、それが唯一、渡部選手がミスをするケースです。今日のジャンプも、やや飛び出しが前方向にいきがちでした。ただ、これをうまく抑えられたので、結果的には良いジャンプになったと思います。今日のジャンプの内容で、どこが悪かったかは本人がよく分かっていると思いますので、ここを十分注意しながらラージヒルには臨んでくれるとは思います。


――前方向に突っ込んでしまうというのは、最終滑走だったということもあり、トップを取らなければという気持ちが表れてしまったのでしょうか?


 本人としては、正しい体の動かし方をしたつもりだったと思います。ただ、それが結果的に、実際の体の方が少し前に行ってしまったと。ですから、自分がやるべきことを分かっているのだけれども、実際には体が少し前側に動いてしまったということです。ですからやはりラージヒルに向けては、「もう少し意識を(前に突っ込まないように)持たなければ」と、良い反省につながっていると思います。


――ジャンプの出来としては、そのミス以外は問題がなかったでしょうか?


 そうですね。ほかはとても上手でした。しっかり飛んで、テレマーク姿勢もきれいに決めることができたジャンプでした。

クロスカントリーも戦略がうまくいった

クロスカントリーの戦略的にはうまくはまったが、混戦の勝負ではフレンツェル(右)の方が上だった
クロスカントリーの戦略的にはうまくはまったが、混戦の勝負ではフレンツェル(右)の方が上だった【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

――その結果、全体3位で前半を終えましたが、この位置は渡部選手にとっては良かったのでしょうか?


 前半のジャンプで首位に立った選手と2番手についた選手(=ヤールマグヌス・リーベル/ノルウェー)は、クロスカントリーの走力は劣る選手です。ですから、渡部選手が首位から28秒遅れという結果で終えた時に、彼自身としては心配や不安はなかったと思います。前の2人の選手を見た時に、ある意味、結果的には自分が前半1位で終えたというような気持ちだったと思いますね。


 ただし、やはり後続から来る選手、特にドイツのエリック・フレンツェル選手、あるいは渡部選手とフレンツェル選手の間にいたルーカス・クラプファー選手(オーストリア)、この選手たちは走力があるので、やはり渡部選手が気になっていたのは後ろの2人だったと思います。「自分も含めた3人がメダル争いになる」と思っていたはずです。2人が追いついてくることを想定した上で、自分がどういうレース展開を組み立てていこうかと念頭に入れながらスタートをしていきました。


――クロスカントリーではその通り、後ろの選手に追いつかれ、集団で前の2人を追っていったわけですが、その点での渡部選手の作戦はうまくいったのでしょうか?


 要はですね、想定通りと言いますか、渡部選手としてはうまいレース展開が組み立てられたと思います。それというのも、レース前半に渡部選手自身が集団を引っ張っていく形になりました。実はそうなると、ほかの選手たちとしては「どこかで今度は自分が先頭を引っ張る番が来るだろう」と思うわけです。


 レースの中で追ってくる選手たちから逃げるために、ある意味助け合いをしながら走ることがあります。集団になって先頭を入れ替わりながらレースを引っ張っていくのですが、渡部選手は前半にレースを引っ張ったことで、後半にほかの選手たちが前に出なきゃというメンタル面の影響を与えていました。


 ですから、後半は渡部選手が後ろについたのですが、ほかの選手からしたら「渡部が前半ずいぶん引っ張ってくれたから、この状況でも仕方がないだろう」と思っていたと思います。この部分は、渡部選手の戦略的な良さが光ったところです。


――ただ最後にフレンツェル選手が前に出ました。展開としては4年前のソチ五輪と同じものだったと思いますが?


 やはりあの状況になった場合、フレンツェル選手の方が上と言わざるをえません。走力がありますので、混戦となったら渡部選手としては厳しかったです。

平昌のジャンプ台は“ロシアンルーレット状態”!?

今回は銀メダルに終わったが、次の個人ラージヒルでは「プラス・マイナス20秒」で戦えれば金メダルの可能性はある
今回は銀メダルに終わったが、次の個人ラージヒルでは「プラス・マイナス20秒」で戦えれば金メダルの可能性はある【写真:青木紘二/アフロスポーツ】

――今日の試合で金メダルを取るためには、渡部選手としては何が足りなかったのでしょうか?


 私としては今日の展開で足りないところはなかったと思います。ジャンプもクロスカントリーも力がある選手だということを示しましたし、それがW杯総合ランキング1位になっている理由ですので。足りないというよりも、注意しなければいけなかったのが、ジャンプだったと思います。先ほども話しましたが、飛び出しで体が前方向にいきがちなところをしっかり抑えられさえすれば良かったのだと思います。


 仮に、もし渡部選手が今日のビブナンバー(=滑走順)で早めのタイミングで飛び、強い向かい風を受けている選手と同じ条件で飛べば、もっと遠くまで飛んでいたと思います。ですが、直前の選手たちが軒並み失速していたことで分かるように、あの時点で風が止まってしまったんです。競技の潮目が突然あそこで変化してしまいました。もし風が止まっているタイミングで渡部選手が飛んでいたら、メダルにも絡めなかったでしょう。幸いにも最終滑走の渡部選手の時には、再び向かい風をもらい、強くはなかったのですが(向かい風を)受けられたことは幸運だったと思います。


――勝負の分かれ目となったのがジャンプでの風や少しの技術の差だったと?


 そうですね。本当にすべてが公平な環境で戦ったら、今のところ渡部選手が一番強いと思います。これは間違いないです。ただし、風の影響をかなり受ける平昌のジャンプ台というのは、本当に“ロシアンルーレット状態”だったと言っても過言ではないです。その中で彼は何とか向かい風をもらえたということですね。


――この後、個人ラージヒルも行われますが、渡部選手が金メダルを取る鍵となるのはどんな点でしょうか?


 やはり前半のジャンプですね。私は「プラス・マイナス20秒」が鍵だと思っています。渡部選手が首位に立ってライバル選手を20秒離せるか、これがプラス20秒ですね。反対にライバル選手が首位に立って渡部選手が追う展開になった場合、20秒以内の遅れにとどめる。この状況にできれば、金メダルの可能性は高いと思います。さらにプラス20秒以上離せれば、金メダルまっしぐらでしょう。

ジャンプがうまくいけば団体でのメダルも

前半のジャンプで弟・善斗(中央)も8位に入ったが、団体でもジャンプの出来次第でメダル獲得が狙える
前半のジャンプで弟・善斗(中央)も8位に入ったが、団体でもジャンプの出来次第でメダル獲得が狙える【写真は共同】

――ほかの日本人選手の内容についてはいかがだったでしょうか?


 五輪初出場となった山元選手は、平昌に来てからすごく良いジャンプを続けていました。そう考えると、今日のジャンプは失敗でした。初めての舞台だったというのもありますし、あるいは前に飛んだ選手(=ジャンプで首位に立ったレアール)が大ジャンプをしたことで少し精神的に影響を受けてしまったかなと思います。冷静さが欠けてしまったかもしれません。そこは残念でした。ですが、今回の反省を生かせば、次の試合で良いジャンプをしてくれると思います。


 また渡部選手の弟の善斗選手も前半のジャンプで1ケタ順位(=8位)です。ですから、特に団体戦のことを考えると、前半のジャンプで日本が首位になる可能性が十分にあると思います。そしてクロスカントリーでそれぞれの選手が力を十分に発揮してくれれば、団体でのメダルの可能性もあると考えています。


――やはりこの後に続く個人ラージヒル、団体についても、メダルの鍵はジャンプになってくるのですね。


 五輪という大舞台で、1つ目の試合が終わったということは、順位はともかくとして、どの選手にとってもホッとしていると思います。そういう中で、自分のやるべきこと、課題というものが明確になっているので、次のラージヒル、団体に向けては、どの選手も落ち着いた環境の中で戦ってくれると思います。

【関連リンク】

構成:スポーツナビ

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。