バイアスロン

バイアスロン 男子10kmスプリント

2018年2月11日(日) 20時15分スタート
ドイツのPEIFFERが金 立崎は84位
順位 選手名 国名 タイム
1位 PEIFFER Arnd ドイツ 23:38.8
2位 KRCMAR Michal チェコ 23:43.2
3位 WINDISCH Dominik イタリア 23:46.5
84位 立崎幹人 日本 27:27.1

詳細

総括

立崎は2回目の立射で最初の3本を立て続けに外してしまった【写真は共同】
立崎は2回目の立射で最初の3本を立て続けに外してしまった【写真は共同】

バイアスロン男子10kmスプリントが11日に行われ、日本から唯一出場となった立崎幹人は87人中84位で五輪デビュー戦を終えた。

 

53番スタートとなった立崎は、最初の1週目となる3.2km地点で首位から59.5秒遅れの7:28.6で84位と出遅れる。最初の射撃となる伏射は5本とも成功し一気に44位タイまで巻き返すも、滑りで勢いに乗ることができず6.5kmで71位まで後退。

 

立崎の2回目の射撃、立射では最初の3本を立て続けに外してしまいペナルティー3を受ける。6.6km地点では首位から2:44.4遅れの84位となると、粘りの滑りもむなしく27:27.1の暫定56位でゴール。その後、順位を落とし84位でレースを終えた。

試合詳細

最後の選手がゴール。立崎は84位でレースを終える。

 

現在80名がゴール。立崎は暫定で78位。

 

立崎がゴール。首位から3:48.3遅れの暫定56位。

 

立崎は8.6km地点を首位から3:24.2遅れの59位で通過。

 

立崎の6.6km地点の立射で3本失敗。ペナルティーで遅れをとる。

 

立崎は3.9km地点を首位から58.5秒遅れの35位で通過。

 

立崎の3.3kmの伏射は5本とも成功。

 

ここまでの暫定首位は、23:38.8でゴールしたドイツのPEIFFER Arnd。

 

立崎幹人がスタート。

 

韓国のLAPSHIN Timofeiが首位を滑る。3.3km地点での伏射は5本とも成功。

 

1番スタートのLAPSHIN Timofei(韓国)が勢い良くスタートを切ると、会場は大歓声に包まれる。

 

まもなく競技開始。第2組の立崎幹人は53番スタート。

スタートリスト

<第1組>

1:LAPSHIN Timofei(韓国)

2:ANEV Krasimir(ブルガリア)

3:GRONMAN Tuomas(フィンランド)

4:GUZIK Grzegorz(ポーランド)

5:EBERHARD Julian(オーストリア)

6:DOLL Benedikt(ドイツ)

7:GOW Christian(カナダ)

8:DOLDER Mario(スイス)

9:BAUER Klemen(スロベニア)

10:SVENDSEN Emil Hegle(ノルウェー)

11:PIDRUCHNYI Dmytro(ウクライナ)

12:MORAVEC Ondrej(チェコ)

13:FAK Jakov(スロベニア)

14:BORMOLINI Thomas(イタリア)

15:ERMITS Kalev(エストニア)

16:BOE Tarjei(ノルウェー)

17:DOHERTY Sean(米国)

18:HOFER Lukas(イタリア)

19:OTCENAS Martin(スロバキア)

20:BOE Johannes Thingnes(ノルウェー)

21:BABIKOV Anton(個人資格(ロシア))

22:PEIFFER Arnd(ドイツ)

23:CHEPELIN Vladimir(ベラルーシ)

24:SCHEMPP Simon(ドイツ)

25:LINDSTROEM Fredrik(スウェーデン)

26:WEGER Benjamin(スイス)

27:GUIGONNAT Antonin(フランス)

28:EDER Simon(オーストリア)

29:CLAUDE Florent(ベルギー)

<第2組>

30:BJOENTEGAARD Erlend(ノルウェー)

31:KAUKENAS Tomas(リトアニア)

32:LESSER Erik(ドイツ)

33:DOVZAN Miha(スロベニア)

34:BURKE Tim(米国)

35:PRYMA Artem(ウクライナ)

36:KRCMAR Michal(チェコ)

37:FILLON MAILLET Quentin(フランス)

38:BRAUN Maxim(カザフスタン)

39:ROESCH Michael(ベルギー)

40:SAMUELSSON Sebastian(スウェーデン)

41:DESTHIEUX Simon(フランス)

42:WINDISCH Dominik(イタリア)

43:YEREMIN Roman(カザフスタン)

44:ELISEEV Matvey(個人資格(ロシア))

45:SEPPALA Tero(フィンランド)

46:RASTORGUJEVS Andrejs(ラトビア)

47:FINELLO Jeremy(スイス)

48:GOW Scott(カナダ)

49:LESSING Roland(エストニア)

50:LANDERTINGER Dominik(オーストリア)

51:NEDZA-KUBINIEC Andrzej(ポーランド)

52:YALIOTNAU Raman(ベラルーシ)

53:立崎幹人(日本)

54:FOURCADE Martin(フランス)

55:PUCHIANU Cornel(ルーマニア)

56:ILIEV Vladimir(ブルガリア)

57:KAZAR Matej(スロバキア)

58:FAUR Remus(ルーマニア)

<第3組>

59:SLESINGR Michal(チェコ)

60:BOCHARNIKOV Sergey(ベラルーシ)

61:STROLIA Vytautas(リトアニア)

62:DRINOVEC Mitja(スロベニア)

63:MUIZNIEKS Oskars(ラトビア)

64:BAILEY Lowell(米国)

65:SEMENOV Sergii(ウクライナ)

66:HIIDENSALO Olli(フィンランド)

67:EBERHARD Tobias(オーストリア)

68:SINAPOV Anton(ブルガリア)

69:SMITH Nathan(カナダ)

70:MONTELLO Giuseppe(イタリア)

71:WIESTNER Serafin(スイス)

72:NELIN Jesper(スウェーデン)

73:VITENKO Vladislav(カザフスタン)

74:ZAHKNA Rene(エストニア)

75:POP Gheorghe(ルーマニア)

76:HASILLA Tomas(スロバキア)

<第4組>

77:PODKORYTOV Vassiliy(カザフスタン)

78:SIEMAKOV Volodymyr(ウクライナ)

79:UNGUREANU Marius(ルーマニア)

80:SMOLSKI Anton(ベラルーシ)

81:BARTKO Simon(スロバキア)

82:GERDZHIKOV Dimitar(ブルガリア)

83:GREEN Brendan(カナダ)

84:KOIV Kauri(エストニア)

85:NORDGREN Leif(米国)

86:VACLAVIK Adam(チェコ)

87:FEMLING Peppe(スウェーデン)

見どころ

日本からは立崎幹人が出場。30秒間隔でスタートし、1周約3.3㎞のコースを3周する。射撃は伏射、立射を各1回行い、1発外すごとに150mのペナルティーコースを滑走し、そのタイムで順位付けされる。初の五輪となる立崎だが、今回は15年に結婚した五輪3大会連続出場の芙由子とともに夫婦での参戦。心強い経験者とともに、大舞台での上位進出を目指す。

種目一覧

男子

女子

その他

混合リレー

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。