バイアスロン

バイアスロン 女子10kmパシュート

2018年2月12日(月) 19時10分スタート
古谷は54位、立崎は56位に終わる
順位 選手名 国名 タイム
1位 ラウラ:ダールマイアー ドイツ 30:35.3
2位 アナスタシア・クズミナ スロバキア 31:04.7
3位 BESCOND Anais フランス 31:04.9
54位 古谷沙理 日本 37:02.1
56位 立崎芙由子 日本 37:07.9

詳細

総括

一時は41位まで追い上げるも射撃のミスがひびいた立崎【写真は共同】
一時は41位まで追い上げるも射撃のミスがひびいた立崎【写真は共同】

バイアスロン女子10キロパシュートが12日に行われ、日本から出場した古谷沙理は54位、立崎芙由子は56位でレースを終えた。

 

42番スタートの立崎は、最初の1週目となる1.9キロ地点で首位から2:13.2秒遅れの45位と出遅れる。最初の射撃となる伏射は2本失敗し、ペナルティーでさらに順位を下げてしまう。続く2回目の射撃ではすべてに成功し、一時は41位まで追い上げる。しかし射撃でミスを連発し、3回目に「2」、4回目には「3」のペナルティーを受けてしまい、首位から6:32.6遅れの暫定56位でゴールした。

 

一方、49番スタートの古谷も1.9キロ地点で首位から2:14.8遅れの47位と出遅れると、最初の射撃でも3本の成功にとどまり一時は57位にまで順位を下げてしまう。しかしその後の射撃をすべて4本成功とペナルティーを最小限の「1」に抑える。しかし滑りで順位を上げることができないまま、首位から6:26.8遅れの暫定54位でゴール。全選手がゴールしても両者とも順位はかわらないまま競技は終了した。

試合詳細

全選手がゴール。古谷は54位、立崎は56位でレースを終える。

 

古谷は37:02.1でフィニッシュ。首位から6:26.8遅れの暫定54位。

 

立崎が37:07.9でゴール。首位から6:32.6遅れの暫定56位。

 

古谷は4回目の射撃を4本成功。ペナルティーを最小限に抑え、8.0キロ地点を31:32.6で通過し、立崎をかわし暫定55位に。

 

立崎が4回目の射撃、立射で3本のミス。8.0キロ地点で首位から6:19.9遅れの31:40.9で暫定56位と遅れる。

 

古谷が3回目の射撃で4本成功。6.0キロ地点を23:43.1の暫定54位と少し巻き返す。

 

立崎は3回目の射撃、立射で2本外しペナルティーに。6.0キロ地点を23:19.7の暫定51位で通過。

 

少し遅れて古谷も5.6キロ地点を通過。20:37.0の暫定57位と滑りでも徐々に遅れをとりだす。

 

立崎が5.6キロ地点を首位から3:08.9遅れの19:33.6(暫定41位)で通過。

 

2回目の射撃となる伏射も、立崎はすべて成功。古谷は1本外す。4キロ地点で立崎は暫定44位、古谷は暫定54位。

 

2キロ地点の最初の射撃。伏射は立崎古谷ともに3本に成功。この地点で、立崎は暫定50位。古谷は暫定52位。

 

立崎古谷が1.6キロ地点を通過。古谷は首位から2:11.2遅れの暫定43位、立崎は2:12.5遅れの暫定45位。

 

古谷がスタート。

 

立崎がスタート。

 

ここまで2キロ地点の首位はドイツのダールマイアーで8:30.2。

 

1番のラウラ:ダールマイアー(ドイツ)がスタート。

 

まもなく競技開始。立崎芙由子は42番、古谷沙理は49番スタート。

スタートリスト

1:ラウラ:ダールマイアー(ドイツ)

2:マルテ・オルスブ(ノルウェー)

3:ベロニカ・ビトコバ(チェコ)

4:マリー・ドラン・アベール(フランス)

5:バネッサ・ヒンツ(ドイツ)

6:リザ・ビットッツィ(イタリア)

7:ハンナ・エーベリ(スウェーデン)

8:イレーネ・カドゥリッシュ(スイス)

9:ダリア・ドムラチェワ(ベラルーシ)

10:ジュスティーヌ・ブレイザーズ(フランス)

11:パウリーナ・フィアルコバ(スロバキア)

12:フランツィスカ・ヒルデブラント(ドイツ)

13:アナスタシア・クズミナ(スロバキア)

14:SEMERENKO Vita(ウクライナ)

15:DAVIDOVA Marketa(チェコ)

16:CHEVALIER Anais(フランス)

17:KRYUKO Iryna(ベラルーシ)

18:WIERER Dorothea(イタリア)

19:BESCOND Anais(フランス)

20:AKIMOVA Tatiana(個人資格(ロシア))

21:HERRMANN Denise(ドイツ)

22:TALIHAERM Johanna(エストニア)

23:JISLOVA Jessica(チェコ)

24:ECKHOFF Tiril(ノルウェー)

25:MAKARAINEN Kaisa(フィンランド)

26:HAECKI Lena(スイス)

27:BRORSSON Mona(スウェーデン)

28:GUZIK Krystyna(ポーランド)

29:INNERHOFER Katharina(オーストリア)

30:VISHNEVSKAYA Galina(カザフスタン)

31:GASPARIN Elisa(スイス)

32:FROLINA Anna(韓国)

33:KAISHEVA Uliana(個人資格(ロシア))

34:NOWAKOWSKA Weronika(ポーランド)

35:HOEGBERG Elisabeth(スウェーデン)

36:SKARDINO Nadezhda(ベラルーシ)

37:PERSSON Linn(スウェーデン)

38:ZHANG Yan(中国)

39:BENDIKA Baiba(ラトビア)

40:RANSOM Julia(カナダ)

41:GASPARIN Selina(スイス)

42:立崎芙由子(日本)

43:PUSKARCIKOVA Eva(チェコ)

44:GONTIER Nicole(イタリア)

45:HOJNISZ Monika(ポーランド)

46:SEMERENKO Valj(ウクライナ)

47:ERZEN Anja(スロベニア)

48:ZDOUC Dunja(オーストリア)

49:古谷沙理(日本)

50:SOLEMDAL Synnoeve(ノルウェー)

51:DREISSIGACKER Emily(米国)

52:PISAREVA Nadzeya(ベラルーシ)

53:CRAWFORD Rosanna(カナダ)

54:LUNDER Emma(カナダ)

55:MERKUSHYNA Anastasiya(ウクライナ)

56:GWIZDON Magdalena(ポーランド)

57:TANDY Megan(カナダ)

58:KLIMINA Darya(カザフスタン)

59:TANDREVOLD Ingrid Landmark(ノルウェー)

60:YORDANOVA Emilia(ブルガリア)

見どころ

10日に行われた7.5kmスプリントの上位60選手に出場資格があり、日本からは立崎芙由子古谷沙理が出場する。10kmパシュートでは、銃を背負いつつ2kmのコースを5周する。射撃は伏射、伏射、立射、立射の順に4回行い、外した場合は直ちに150mのコースを滑走しなければならない。スプリントの優勝者からタイム差でスタートし、着順で成績が決まる。クロスカントリーで心拍数が上がった状態から、いかに正確に射撃ができるかがポイントとなる。日本勢は、正確な射撃でペナルティを最小限に抑え、入賞に滑り込みたい。

種目一覧

男子

女子

その他

混合リレー

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。