カーリング

カーリング 男子予選ラウンド ノルウェーvs.日本

2018年2月14日(水) 20時05分スタート
日本男子、世界ランク3位のノルウェーに勝利!
ノルウェー
4 1-0
0-1
0-1
0-1
1-0
1-0
0-2
1-0
0-1
-
6

詳細

総括

日本は格上ノルウェーから20年ぶりの勝利を収めた【写真は共同】
日本は格上ノルウェーから20年ぶりの勝利を収めた【写真は共同】

カーリング男子日本代表は14日、予選リーグ第1戦でノルウェーと対戦し、6-4で勝利。白星スタートを飾った。

 

日本は第1エンドで後攻のノルウェーに先制を許すが、第2エンドですぐさま同点に追いつく。第3・4エンドでは連続でスチールに成功し、3-1とリード。その後一時は同点に追いつかれるが、第7エンドでスキップの両角友佑が好ショットを見せ2点を勝ち越す。6-4で迎えた最終10エンド、後攻のノルウェーが複数得点を狙うが、高い集中力でこれを阻止。世界ランキング3位の相手に金星を挙げた。

 

日本は1998年長野五輪以来20年ぶりの勝利となり、予選突破へ向け好スタートを切った。

第10エンド

日本の先攻でスタート。

リードの両角公はハウス内にストーンを収めた。セカンドの山口はノルウェーのガードストーンを外す。残り2投となったところでナンバー1ストーンはノルウェー、ナンバー2ストーンは日本で、ハウス内には日本が1つ、ノルウェーが2つ残る。スキップ・両角友の1投目がノルウェーストーンを弾き、代わって日本がナンバー1ストーンを獲得。ここでノルウェーはタイムアウトを要求しコーチを交えて作戦会議を行う。ノルウェーのスキップ1投目、途中でショットを諦める。スキップ・両角友の2投目が唯一残っていたノルウェーストーンを弾く。この時点でノルウェーは逆転不可となり、日本が勝利を挙げた。

第9エンド

ノルウェーの先攻でスタート。

サード・清水の2投目、ダブルテイクアウトの好ショットとなる。ナンバー1ストーンは日本、ナンバー2ストーンはノルウェー。スキップの両角友のショットの前、日本は長めの作戦会議を行う。両角友の1投目はノルウェーのナンバー2ストーンにぴったりと寄せ、日本がナンバー2ストーンも獲得する。ナンバー1ストーンを狙ったノルウェーのスキップの2投目は、ナンバー2止まりとなる。日本は最終投でナンバー2ストーンも狙うが、微妙な位置に止まる。計測の結果、ナンバー2ストーンはノルウェーが獲得し、このエンドの日本の得点は1点となる。

第8エンド

日本の先攻でスタート。

サード・清水の1投目、相手ガードストーンの後ろに回りこむ攻めのショットとなる。続くノルウェーは、中心の日本のストーンを2つテイクアウトする好ショットを披露する。清水の2投目はTラインやや後ろとなりノルウェーストーンに隠れる形となる。スキップ・両角友の1投目が終わった時点でナンバー1ストーンは日本、ナンバー2ストーンはノルウェー。ここでノルウェーが作戦会議に時間をかける。ノルウェーのスキップの1投目は中心付近で止まりナンバー1ストーンを獲得する。両角友の2投目は、ノルウェーストーンをダブルテイクアウトする好ショットとなる。ノルウェーの最終投が中心に収まるが、直前の両角友のショットが効きこのエンドの失点を1点でおさめた。

第7エンド

後攻で迎えた第7エンド、日本は2点のリードに成功した【写真は共同】
後攻で迎えた第7エンド、日本は2点のリードに成功した【写真は共同】

ノルウェーの先攻でスタート。

セカンド・山口の2投目は自ストーンの後ろに回りこむ好ショットとなる。残り2投となったところでナンバー1ストーンは日本。ハウス内には日本が2つ、ノルウェーが2つ残る。スキップ・両角友の1投目、強いショットでノルウェーストーンを弾き飛ばした。好ショットを見せ、日本がナンバー2ストーンまでを獲得。続くノルウェーは日本のストーンを1つ弾き飛ばすのが精一杯。日本の最終投では、両角友が冷静に中心に寄せる。日本が2点を追加。

第6エンド

ノルウェーの先攻でスタート。

リードの両角公の2投目、ノルウェーのリードの2投目は、ともに中心に寄せるショットとなる。ノルウェーのセカンド2投目は日本のストーンを弾くが、自ストーンをハウス内に残せず。残り2投目となったところでナンバー1ストーンはノルウェー。ハウス内には日本が2つ、ノルウェーが1つ残る。ノルウェーのスキップの1投目が中心に収まる。続く両角友のショットはノルウェーのストーンを弾くことができず。ノルウェーのスキップの2投目はナンバー1ストーン手前に置かれる。日本は最終投で中心を狙うが、強いショットとなってしまい、ナンバー1ストーンはノルウェーのまま変わらず。ノルウェーがスチールに成功し1点を返す。

第5エンド

日本の先攻でスタート。

サード・清水の2投目、ノルウェーのストーンを2つハウス外に弾き出すことに成功。ノルウェーはサードの2投目でハウス内に収めてくる。この時点でナンバー1ストーンは日本。ハウス内には日本が3つ、ノルウェーが2つ残る。スキップ・両角友の1投目はハウス内に残らなかったが、ノルウェーのストーンを1つハウス外に弾く。ノルウェーはスキップの1投目でナンバー1ストーンを獲得。両角友の2投目は日本のストーンに当たり、そのストーンがノルウェーのナンバー1ストーンを押し出す。続くノルウェーは確実にストーンを中央に寄せ、ナンバー1ストーンとなる。日本は後攻ノルウェーの攻撃を1点に抑えた。

第4エンド

日本の先攻でスタート。

セカンドの山口の2投目はノルウェーのナンバー1ストーンを弾きつつ、ガードストーンの後ろに隠す好ショットとなる。ノルウェーは日本のガードストーンを弾くので精一杯。サードの清水は、すぐさまガードストーンを配置し、ナンバー1ストーンには日本が残り続ける。スキップの両角友も直線上にガードストーンを配置することに成功。直後のノルウェーのスキップ1投目、ダブルテイクアウトに成功し、ハウス内にはストーンがなくなった。両角友の2投目はハウス内に収まる。ノルウェーの最終投は日本のナンバー1ストーンをわずかに通過し止まる。このエンドも日本がスチールに成功し、1点を追加。

第3エンド

日本の先攻でスタート。

残り2投となったところで、ナンバー1、2ストーンは日本。ノルウェーはスキップの1投目で日本のセンターガードストーンを外す。両角友の2投目は中心付近に収まりナンバー3ストーンまでが日本となる。ノルウェーの最終投は、日本のストーンを2つ弾いたが、ナンバー1ストーンには日本が残った。スチールに成功し1点を追加。

第2エンド

ノルウェーの先攻でスタート。

スキップの両角友の1投目、巧みなショットでノルウェーストーンのテイクアウトに成功。この時点でナンバー1ストーンは日本。続くノルウェーはスキップの2投目でダブルテイクアウトに成功。日本ストーンが弾き出されるが、両角友が2投目でノルウェーのストーンの間をすり抜けるショットを見せ、中心に納める。日本が1点を返す。

第1エンド

リード:両角公佑、セカンド:山口剛史、サード:清水徹郎、スキップ:両角友佑

 

日本が先攻、ノルウェーが後攻。

セカンドの山口の第1投でTライン手前に置く。続くノルウェーが日本のガードストーンを弾くが、即座に山口が第2投で戻す。お互いにサードを終えた状態で、ナンバー1ストーンはノルウェー。ナンバー2、3は日本。ナンバー4はノルウェーとなる。ノルウェーはスキップの第1投でダブルテイクアウトに成功。スキップの両角友の2投目はTライン手前に収まる。後攻ノルウェーの最終投、ナンバー1ストーンはノルウェーとなった。ナンバー2には直前に両角友が収めたストーンが残り、1点にとどめた。

見どころ

1998年の長野五輪以来の出場となる日本男子。初戦は世界ランキング3位のノルウェーと激突する。日本男子チームのSC軽井沢クラブ(平田洸介両角公佑山口剛史清水徹郎両角友佑)は昨年末に行われた軽井沢国際を優勝し勢いに乗り決戦の地へ。世界ランキング8位の日本にとってほとんどが格上相手となるが、1つでも多くのアップセットを起こし、上位4カ国が進める準決勝に食い込みたいところだ。そのためにも初戦のノルウェー戦に勝利し、スタートダッシュを決めたい。

種目一覧

男子

女子

その他

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。