カーリング

カーリング 女子予選ラウンド デンマークvs.日本

2018年2月15日(木) 9時05分スタート
日本、デンマークに快勝し2連勝
デンマーク
5 0-0
0-2
0-1
3-0
0-0
1-0
0-3
0-2
1-0
-
8

詳細

総括

日本がデンマークを下し予選ラウンド2連勝【写真は共同】
日本がデンマークを下し予選ラウンド2連勝【写真は共同】

カーリングの女子予選ラウンドが15日に行われ、日本女子代表のLS北見は、2戦目でデンマークと対戦し8対5で勝利。2連勝となった。

前日の米国戦と同じくリード:吉田夕梨花、セカンド:鈴木夕湖、サード:吉田知那美、スキップ:藤沢五月で臨んだ日本は、第2エンドで2点を先制すると、続く第3エンドでも1点をスチール。第4エンドでデンマークに一挙3点を取られて同点に追いつかれ、さらに第6エンドで1点のリードを許すも、終盤に逆転。相手のミスショットを見逃さず、第7エンドで3点、第8エンドで2点を取り、勝負を決めた。

予選ラウンド2連勝と好調な滑り出しとなった日本は、同日20時5分から韓国と対戦する。

 

[アプリ限定コラム]本橋がLS北見を立ち上げた本当の理由

第9エンド

日本は先攻。両チーム互いにテイクアウトし、サードまでが終わった時点でハウス内にはデンマークのストーンが中央からやや右に1つ、左に1つ。

 

スキップの藤沢はまず1投目で右のストーンをテイクアウト。続くデンマークはストーンを1つ追加し、ハウスの中は再びデンマークのストーンが2つになるが、藤沢はダブルテイクアウトに成功。ハウスの中にストーンはなくなり、デンマークは最終投で1点を取ったが、ここでデンマークが負けを認めて、日本が2連勝となった。

第8エンド

日本は先攻。日本、デンマークとも最初にガードストーンを置き、その後ろのハウスにストーンを置いていく。サード吉田知が1投目でデンマークのガードをテイクアウト。さらにガードストーンをもう1つ追加する。この時点でナンバー1は日本。デンマークはサードの2投目をハウスに入れるも、ナンバー1がどちらかは微妙な配置に。

スキップの2投を残し、日本は長めの作戦タイム。デンマークはスキップの1投目で日本のストーンを1つテイクアウトするも、ナンバー1は日本。デンマークはナンバー2~4が残る。

 

再び日本は時間をかけて作戦を練る。藤沢は最終投でデンマークの2つのストーンをハウス外へはじき出すダブルテイクアウトに成功。日本がナンバー1、2となりデンマークは1点を取りにいくも、ドローが長すぎてナンバー2の位置も越えてしまう。日本がさらに2点をスチールして4点リードとなった。

第7エンド

日本は再び後攻。両チーム前半の4投を終えて、デンマークがハウスに2つ、日本は1つ。ナンバー1はデンマーク。サードで日本のストーンはテイクアウトされてしまうが、吉田知が1投目でハウス左上部の縁ギリギリにストーンを置き、2投目でデンマークのナンバー1付近に置く。

 

デンマークのスキップの1投目がスルーしてしまい、藤沢はこのチャンスを生かしデンマークのナンバー1をテイクアウト。日本がナンバー1、2の配置となる。デンマークは最終投もスルーするミスをしてしまい、藤沢は最終投をきっちりハウス中央に入れて3点のビッグエンド。6-4と逆転に成功した。

第6エンド

日本は後攻。日本とデンマークのストーンがハウス中央に密集したところで、デンマークのサードが強めのショットでテイクアウト。中央付近に両チームのストーンが1つずつ残る。

 

日本、デンマークともにさらに1つずつハウスの中にストーンを追加。吉田知は2投目でデンマークの2つを中央から少し押し出し、日本がナンバー1、2。デンマークは左のストーンを1つテイクアウトし、デンマークがナンバー1の配置となる。

 

スキップ藤沢のテイクアウトで再び日本がナンバー1の位置を取り返すも、デンマークがさらに中央付近にストーンを入れてくる。最終投で藤沢は1点を取りにいくも、中央を狙ったドローはやや長く滑り、ナンバー2の位置へ。日本は1点を取られてしまった。

第5エンド

日本は後攻。互いにテイクアウトしていき、両チーム前半の4投を終えた時点で、ハウスの中にはストーンがない状態。日本はサード吉田知の2投目でハウス左側にストーンを入れる。スキップの2投もテイクアウトの連続となり、ブランク・エンドに。

第4エンド

日本は再び先攻。日本は第3エンド同様に、ハウスに1つ、その前にガードストーンを置く配置。ただ、セカンド鈴木のテイクアウトを狙ったショットでミスが出てしまい、デンマークがナンバー1の配置となる。

 

デンマークがハウス右側にストーンを置いてナンバー1となったところで、藤沢が最後の1投。ハウス中央に止めてナンバー1とする。前方には両チームのガードストーンが密集しており、デンマークは作戦に時間を多く割く。

 

デンマークの最終投。右側のガードストーンに当て、そのストーンが日本のナンバー1をハウス外へとはじき出し、ハウスの中にはデンマークのストーンが3つ。ビッグショットが決まり、デンマークが3点を取って日本に追いついた。

第3エンド

第2エンドで日本が得点したため、このエンドは日本が先攻に。日本はハウスの中央に1つストーンを入れ、センターライン上にガードストーンを配置する。デンマークはガードストーンをはじき、日本はさらにナンバー1を守るようにガードストーンを置いていく展開となる。互いに5投を終え、ナンバー1、2が日本。第3~5がデンマーク。

 

長めの作戦確認の後、サード吉田知の2投目はデンマークのストーンをはじき出せず。逆にデンマークが日本のストーンをテイクアウトし、デンマークがナンバー1~3となるが、藤沢が強めのショットで中央のストーンを1つテイクアウトし、日本がナンバー1に。デンマークはラストストーンで1点を狙いにいくも、やや長くナンバー2の位置に。日本がスチールで1点を追加した。

第2エンド

日本は再び後攻。デンマークはハウスの中央に1つストーンを置き、それを守るガードストーンをセンターラインに配置。日本がそのガードストーンをはじいていく展開となる。

 

セカンド鈴木にホグラインオーバーのミスが出るものの、吉田知がテイクアウトで2つあったデンマークのストーンを1つはじきだし、日本のストーンがナンバー1、ナンバー3に。ナンバー2はデンマーク。

 

デンマークがナンバー1、ナンバー3、日本がナンバー2の配置となったところで、藤沢が最後の1投。ガードストーンをすり抜けデンマークのナンバー1をはじき出し、日本のストーンがナンバー1、2になるナイスショット。日本が2点を先制。

第1エンド

リード:吉田夕梨花、セカンド:鈴木夕湖、サード:吉田知那美、スキップ:藤沢五月

 

日本は後攻でスタート。リードの吉田夕は1投目でデンマークのストーンをはじき、ハウスの中に1つ残すと、2投目もハウスの中に入れていく。その後、日本は2つのストーンをハウスの中に残したが、デンマークのセカンドがダブルテイクアウトを決め、ハウスの中にストーンはなくなる。

 

互いにテイクアウトしていき、ハウスの中にはストーンが1つもない状態で両チームとも最後の1投。デンマークのスキップがハウスの中央に入れたストーンを、藤沢がテイクアウトし両チーム無得点のブランク・エンドに。

見どころ

予選ラウンド初戦の米国に10対5で快勝した日本女子代表のLS北見(本橋麻里吉田夕梨花鈴木夕湖吉田知那美藤沢五月)は、2戦目でデンマークと対戦する。世界ランキング6位の日本に対し、デンマークは格下の9位。スキップの藤沢を中心に、初戦を勝った勢いをこの2戦目にもつなげ連勝を決めたいところだ。予選リーグは10チーム総当りで行われ、上位4チームが準決勝へ進出する。

種目一覧

男子

女子

その他

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。