スキージャンプ

スキージャンプ 男子ノーマルヒル個人・予選

2018年2月8日(木) 21時30分スタート
葛西、伊東、小林潤、小林陵の全員が予選突破を決める
順位 選手名 国名 得点
1位 アンドレアス・ウェリンガー ドイツ 133.5
103.0m
2位 カミル・ストッフ ポーランド 131.7
104.0m
3位 ダヴィド・クバッキ ポーランド 129.6
104.5m
4位 リヒャルト・フライタク ドイツ 129.1
102.0m
5位 シュテファン・クラフト オーストリア 128.6
102.5m
6位 EISENBICHLER Markus ドイツ 127.7
102.5m
7位 GEIGER Karl ドイツ 125.5
102.0m
8位 ダニエルアンドレ・タンデ ノルウェー 123.0
100.0m
9位 HULA Stefan ポーランド 122.7
100.5m
10位 シモン・アマン スイス 122.3
102.0m
11位 KOT Maciej ポーランド 122.0
99.0m
12位 KLIMOV Evgeniy 個人資格(ロシア) 121.4
102.0m
13位 ヨハンアンドレ・フォルファン ノルウェー 121.1
100.0m
14位 ペテル・プレブツ スロベニア 120.2
99.0m
15位 STJERNEN Andreas ノルウェー 119.3
100.0m
16位 イエルネイ・ダミアン スロベニア 118.9
99.5m
17位 ZOGRAFSKI Vladimir ブルガリア 118.8
98.5m
18位 小林潤志郎 日本 118.4
101.0m
19位 ロベルト・ヨハンソン ノルウェー 118.3
98.0m
20位 葛西紀明 日本 117.7
98.0m
21位 小林陵侑 日本 115.3
98.0m
22位 BARTOL Tilen スロベニア 115.1
97.0m
23位 BOYD-CLOWES Mackenzie カナダ 114.6
98.0m
24位 KOUDELKA Roman チェコ 114.5
97.5m
25位 BICKNER Kevin 米国 114.0
98.0m
26位 HAYBOECK Michael オーストリア 112.4
97.0m
27位 FETTNER Manuel オーストリア 109.4
95.0m
28位 KORNILOV Denis 個人資格(ロシア) 107.2
94.5m
29位 ZAJC Timi スロベニア 107.1
94.0m
30位 LEAROYD Jonathan フランス 106.7
94.5m
31位 伊東大貴 日本 106.0
93.5m
32位 グレゴール・シュリーレンツァウアー オーストリア 104.0
91.5m
33位 INSAM Alex イタリア 101.9
94.0m
34位 ROMASHOV Alexey 個人資格(ロシア) 98.5
90.0m
35位 ALAMOMMO Andreas フィンランド 98.3
90.0m
36位 COLLOREDO Sebastian イタリア 97.9
91.0m
37位 BRESADOLA Davide イタリア 95.8
88.0m
37位 ヤンネ・アホネン フィンランド 95.8
89.0m
39位 CHOI Seou 韓国 94.7
89.0m
40位 GLASDER Michael 米国 94.6
91.5m
41位 NAZAROV Mikhail 個人資格(ロシア) 93.7
88.5m
42位 AALTO Antti フィンランド 93.6
87.5m
43位 DESCHWANDEN Gregor スイス 92.3
89.5m
44位 DESCOMBES SEVOIE Vincent フランス 92.1
86.5m
45位 RHOADS William 米国 91.9
88.5m
46位 LARSON Casey 米国 90.9
88.0m
47位 POLASEK Viktor チェコ 90.1
88.0m
48位 NOMME Martti エストニア 88.2
87.0m
49位 CECON Federico イタリア 87.9
86.0m
50位 NOUSIAINEN Eetu フィンランド 85.5
87.0m
51位 TKACHENKO Sergey カザフスタン 83.7
84.0m
52位 KIM Hyunki 韓国 83.1
84.0m
53位 STURSA Vojtech チェコ 81.5
83.5m
54位 KOZISEK Cestmir チェコ 80.6
81.0m
55位 AIGRO Artti エストニア 80.0
81.5m
56位 MALTSEV Kevin エストニア 74.2
79.0m
57位 IPCIOGLU Fatih Arda トルコ 68.2
79.0m

詳細

総括

20位で予選を通過した葛西【写真は共同】
20位で予選を通過した葛西【写真は共同】

スキージャンプの男子ノーマルヒル個人予選が8日に行われ、葛西紀明小林陵侑小林潤志郎伊東大貴の4選手が登場。57選手中50選手が10日の決勝進出へと進めるが、4選手全員が予選突破となった。

 

日本勢最初の登場となった伊東はK点には届かなかったものの、93.5mを飛び106.0点で全体31位に。これが8度目の五輪出場となる葛西は98.0mで117.7点で20位に付ける。21歳の小林陵も98.0mを飛び115.3点で21位となった。

 

日本人トップは101.0mを飛んだ小林潤。118.4点で全体18位に入った。

 

予選トップは、アンドレアス・ウェリンガー(ドイツ)で133.5点。ソチ五輪個人2冠のカミル・ストッフ(ポーランド)は104.0mを飛び、131.7点で全体2位で決勝進出を決めている。

予選詳細

五輪初出場の小林陵侑(写真)は兄・潤志郎とともに決勝進出を決めた【写真は共同】
五輪初出場の小林陵侑(写真)は兄・潤志郎とともに決勝進出を決めた【写真は共同】

最後のジャンパーとなったカミル・ストッフ(ポーランド)は104.0mで131.7点。全体2位に入り、予選を終えた。

 

56番目のジャンパーのリヒャルト・フライタク(ドイツ)は102.0mを飛び、129.1点で暫定3位に。

 

残り3人となる。55番目のジャンパーとなったアンドレアス・ウェリンガー(ドイツ)は103.0mで133.5点を獲得。暫定首位に立った。

 

50番目で小林潤志郎(日本)が登場。101.0mの距離を飛んで118.4点。予選では日本人トップとなる得点を出して、決勝進出を決めた。

 

49番目のダヴィド・クバッキ(ポーランド)がここまでの最長となる104.5mを飛び、129.6点。暫定首位に立った。

 

48番目のMarkus EISENBICHLER(ドイツ)が102.5mで127.7点。暫定首位に。

 

残り10選手となったところで小休止となり、最後のトップ選手たちのジャンプを待つ。

 

44番目で飛んだKarl GEIGER(ドイツ)が102.0mを記録し、125.5点。暫定首位に立った。

 

42番目で飛んだシモン・アマン(スイス)は102.0mを飛び、122.3点。暫定首位に立った。

 

41番目のMaciej KOT(ポーランド)は99.0m飛び、122.0点で暫定首位に。

 

37番目で葛西紀明(日本)が登場。追い風という条件ながら98.0mまで飛び117.7点。暫定3位で予選突破を決めた。

 

35番目で小林陵侑(日本)が登場。98.0mとK点付近まで飛び、115.3点。暫定3位で予選突破を決めた。

 

33番目でグレゴール・シュリーレンツァウアー(オーストリア)が登場。91.5mと失速し、104.0点で暫定9位に。

 

25番目のジャンパーで伊東大貴(日本)が登場。K点手前の93.5mで106.0点。暫定4位で予選突破を決めた。

 

22番目のジャンパーのEvgeniy KLIMOV(個人資格(ロシア))が初の100m越えとなる102.0mで121.4点を獲得し、暫定首位に。

 

21番目のジャンパーとなったVladimir ZOGRAFSKI(ブルガリア)が初のK点越えとなる98.5mで118.8点となり暫定首位に。

 

18番目のジャンパーとなったJonathan LEAROYD(フランス)がここまでで最長となる94.5mを飛び、106.7点で暫定首位に立つ。

 

ヤンネ・アホネン(フィンランド)は89.0mで、95.8点を獲得し暫定2位に立つ。

 

Alexey ROMASHOV(個人資格(ロシア))が90.0mを飛び、98.5点で暫定首位に立つ。

 

韓国のCHOI Seouが、最初のジャンパーとして89.0mを飛び、94.7点。

スタートリスト

1:CHOI Seou(韓国)

2:CECON Federico(イタリア)

3:POLASEK Viktor(チェコ)

4:IPCIOGLU Fatih Arda(トルコ)

5:NOMME Martti(エストニア)

6:ROMASHOV Alexey(個人資格(ロシア))

7:MALTSEV Kevin(エストニア)

8:NAZAROV Mikhail(個人資格(ロシア))

9:GLASDER Michael(米国)

10:ヤンネ・アホネン(フィンランド)

11:AIGRO Artti(エストニア)

12:BRESADOLA Davide(イタリア)

13:TKACHENKO Sergey(カザフスタン)

14:ALAMOMMO Andreas(フィンランド)

15:KIM Hyunki(韓国)

16:LARSON Casey(米国)

17:COLLOREDO Sebastian(イタリア)

18:LEAROYD Jonathan(フランス)

19:STURSA Vojtech(チェコ)

20:DESCOMBES SEVOIE Vincent(フランス)

21:ZOGRAFSKI Vladimir(ブルガリア)

22:KLIMOV Evgeniy(個人資格(ロシア))

23:NOUSIAINEN Eetu(フィンランド)

24:INSAM Alex(イタリア)

25:伊東大貴(日本)

26:BOYD-CLOWES Mackenzie(カナダ)

27:RHOADS William(米国)

28:KOUDELKA Roman(チェコ)

29:AALTO Antti(フィンランド)

30:BICKNER Kevin(米国)

31:KORNILOV Denis(個人資格(ロシア))

32:KOZISEK Cestmir(チェコ)

33:グレゴール・シュリーレンツァウアー(オーストリア)

34:DESCHWANDEN Gregor(スイス)

35:小林陵侑(日本)

36:ZAJC Timi(スロベニア)

37:葛西紀明(日本)

38:FETTNER Manuel(オーストリア)

39:HAYBOECK Michael(オーストリア)

40:BARTOL Tilen(スロベニア)

41:KOT Maciej(ポーランド)

42:シモン・アマン(スイス)

43:ペテル・プレブツ(スロベニア)

44:GEIGER Karl(ドイツ)

45:イエルネイ・ダミアン(スロベニア)

46:HULA Stefan(ポーランド)

47:STJERNEN Andreas(ノルウェー)

48:EISENBICHLER Markus(ドイツ)

49:ダヴィド・クバッキ(ポーランド)

50:小林潤志郎(日本)

51:シュテファン・クラフト(オーストリア)

52:ロベルト・ヨハンソン(ノルウェー)

53:ヨハンアンドレ・フォルファン(ノルウェー)

54:ダニエルアンドレ・タンデ(ノルウェー)

55:アンドレアス・ウェリンガー(ドイツ)

56:リヒャルト・フライタク(ドイツ)

57:カミル・ストッフ(ポーランド)

 

<予選通過条件>

予選はジャンプ1本を飛び、上位50選手が10日の決勝に進出する

見どころ

日本の先陣を切って登場するのは葛西紀明小林陵侑小林潤志郎伊東大貴の男子スキージャンプ陣。前回のソチ五輪では、葛西がラージヒル個人で銀メダル、団体では銅メダルを獲得したが、今回の平昌五輪でも複数のメダルを狙いたいところ。最初の予選を確実に通過し、勢いをつけて決勝へと駒を進めたい。

種目一覧

男子

女子

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。