ショートトラック

ショートトラック 女子1500m

2018年2月17日(土) 19時00分スタート
優勝は韓国のチェ・ミンジョン 菊池純礼は11位
順位 選手名 国名 タイム
1位 チェ・ミンジョン 韓国 2:24.948
2位 李靳宇 中国 2:25.703
3位 キム・ブタン カナダ 2:25.834
11位 菊池純礼 日本

詳細

総括

地元韓国のチェ・ミンジョンがレースを制した【写真:ロイター/アフロ】
地元韓国のチェ・ミンジョンがレースを制した【写真:ロイター/アフロ】

ショートトラックの女子1500mが17日に行われ、菊池純礼が全体11位に入った。菊池悠希神長汐音は予選で姿を消した。

 

菊池純は予選で積極的なレースを仕掛け、3位で準決勝進出を果たす。準決勝では最後の1周で追い抜きを図るが、2位と0.037秒差で決勝進出を逃した。8-12位を決める順位決定戦では終盤に転倒し5番目でフィニッシュ。失格者が出たためこのレースは4位となり、全体では11位で競技を終えた。予選第4組に登場した菊池悠は、序盤から前に出るものの、中盤以降で順位を落とし6位でフィニッシュ。レース中の接触が審議され、失格となってしまった。第4組で登場した神長は、4周目に先頭につけたが徐々に離されてしまい、6人中6位でのゴールとなった。

 

金メダルには、地元韓国のチェ・ミンジョンが輝いた。

決勝

レース序盤はキム・ブタン(カナダ)とter MORS Jorien(オランダ)が集団を引っ張る。終盤残り3周でチェ・ミンジョン(韓国)が仕掛けトップに躍り出ると、そのまま逃げ切りフィニッシュ。金メダルに輝く。2位には李靳宇(中国)、3位にはキム・ブタンが入った。

8-12位 順位決定戦

菊池純は全体11位に入った【写真は共同】
菊池純は全体11位に入った【写真は共同】

菊池純は序盤、5人中3位につける。5周目で2位に、6周目でトップに躍り出る。その後順位を下げ後方から好機をうかがう。11周目まで3位につけたが13周目、残り2周となったところで転倒。5位でフィニッシュとなる。しかし、VALCEPINA Martina(イタリア)が失格となり、このレースは4位、全体11位でレースを終えた。

順位決定戦・決勝スタートリスト

<8-12位 順位決定戦>

1:韓雨桐(中国)

2:ZHOU Yang(中国)

3:VALCEPINA Martina(イタリア)

4:菊池純礼(日本)

5:スザンヌ・シュルティング(オランダ)

 

<決勝戦>

1:チェ・ミンジョン(韓国)

2:キム・アラン(韓国)

3:キム・ブタン(カナダ)

4:JASZAPATI Petra(ハンガリー)

5:李靳宇(中国)

6:ter MORS Jorien(オランダ)

7:アリアンナ・フォンタナ(イタリア)

 

順位決定戦は21:05~、決勝は21:09~の予定。

準決勝

<第3組>

1位のチェ・ミンジョン(韓国)、2位のJASZAPATI Petra(ハンガリー)が決勝進出。3位のZHOU Yang(中国)は順位決定戦へ回る。途中接触による転倒があり、長い審議の結果エリス・クリスティ(英国)とMALTAIS Valerie(カナダ)が失格。李靳宇(中国)は救済措置での決勝進出が認められた。

 

<第2組>

菊池純は3周目から後方につけ好機をうかがう。ラスト1周で追い抜きにかかり順位をあげるも3位でフィニッシュ。惜しくも決勝進出を逃した。順位決定戦へ回る。1位のter MORS Jorien(オランダ)と2位のアリアンナ・フォンタナ(イタリア)が決勝進出。4位のスザンヌ・シュルティング(オランダ)は順位決定戦へ回る。

 

<第1組>

1位のキム・アラン(韓国)、2位のキム・ブタン(カナダ)が決勝進出。3位の韓雨桐(中国)と4位のVALCEPINA Martina(イタリア)は順位決定戦へ回る。

準決勝スタートリスト

<第1組>

1:キム・アラン(韓国)

2:キム・ブタン(カナダ)

3:PIERRON Veronique(フランス)

4:韓雨桐(中国)

5:マリアンヌ・サンジェレ(カナダ)

6:VALCEPINA Martina(イタリア)

7:SEIDEL Anna(ドイツ)

 

<第2組> 

1:スザンヌ・シュルティング(オランダ)

2:アリアンナ・フォンタナ(イタリア)

3:ter MORS Jorien(オランダ)

4:LOCKETT Deanna(オーストラリア)

5:GILMARTIN Charlotte(英国)

6:菊池純礼(日本)

 

<第3組> 

1:チェ・ミンジョン(韓国)

2:JASZAPATI Petra(ハンガリー)

3:李靳宇(中国)

4:エリス・クリスティ(英国)

5:ZHOU Yang(中国)

6:MALTAIS Valerie(カナダ)

 

準決勝は20:13~の予定。

 

<決勝進出条件>

各組上位2選手が決勝へ進出。3、4位は順位決定戦へ回る。

予選

<第6組>

序盤から激しい位置取りが展開され順位が目まぐるしく変わる。神長は集団についていこうとするが終盤に大きく離されてしまい、6位でフィニッシュ。予選通過とはならなかった。1位のチェ・ミンジョン(韓国)、2位のJASZAPATI Petra(ハンガリー)、3位の李靳宇(中国)が予選突破。

 

<第5組>

1位のエリス・クリスティ(英国)、2位のZHOU Yang(中国)、3位のMALTAIS Valerie(カナダ)が予選通過。

 

<第4組>

菊池悠は序盤から積極的に前に出る。中盤は順位を落とし前をうかがうが、さらに順位を落とし6位でフィニッシュ。レース後の審議で菊池悠、KRESTOVA Anastassiya(カザフスタン)が失格となる。1位のキム・アラン(韓国)、2位のキム・ブタン(カナダ)、3位のPIERRON Veronique(フランス)が予選突破。

 

<第3組>

EFREMENKOVA Ekaterina(個人資格(ロシア))が転倒。1位のスザンヌ・シュルティング(オランダ)、2位のLOCKETT Deanna(オーストラリア)、3位のGILMARTIN Charlotte(英国)が予選通過。EFREMENKOVA Ekaterinaは失格となる。

 

<第2組>

1位の韓雨桐(中国)、2位のマリアンヌ・サンジェレ(カナダ)、3位のVALCEPINA Martina(イタリア)が予選通過。レース後の審議でKOOREMAN Jessica(米国)が失格となり、救済措置が取られたSEIDEL Anna(ドイツ)も予選通過となる。

 

<第1組>

菊池純は3周目に先頭に躍り出る。5周目からは3位につけると、そのまま順位をキープし3位でフィニッシュ。予選突破を決めた。1位のアリアンナ・フォンタナ(イタリア)、2位のter MORS Jorien(オランダ)も予選通過を果たした。レース途中に菊池純と接触したBACSKAI Sara Luca(ハンガリー)が失格となる。

 

間もなくレースがスタート。菊池純礼は第1組、菊池悠希は第4組、神長汐音は第6組に登場。

予選スタートリスト

<第1組>

1:KIM Iong A(カザフスタン)

2:BACSKAI Sara Luca(ハンガリー)

3:ter MORS Jorien(オランダ)

4:菊池純礼(日本)

5:アリアンナ・フォンタナ(イタリア)

6:シム・ソッキ(韓国)

 

<第2組>

1:KOOREMAN Jessica(米国)

2:VALCEPINA Martina(イタリア)

3:韓雨桐(中国)

4:THOMSON Kathryn(英国)

5:SEIDEL Anna(ドイツ)

6:マリアンヌ・サンジェレ(カナダ)

 

<第3組>

1:スザンヌ・シュルティング(オランダ)

2:SEJPALOVA Michaela(チェコ)

3:GOH Cheyenne(シンガポール)

4:LOCKETT Deanna(オーストラリア)

5:EFREMENKOVA Ekaterina(個人資格(ロシア))

6:GILMARTIN Charlotte(英国)

 

<第4組>

1:キム・ブタン(カナダ)

2:PIERRON Veronique(フランス)

3:KRESTOVA Anastassiya(カザフスタン)

4:菊池悠希(日本)

5:キム・アラン(韓国)

6:WARAKOMSKA Magdalena(ポーランド)

 

<第5組>

1:HUOT MARCHAND Tifany(フランス)

2:BINEY Maame(米国)

3:エリス・クリスティ(英国)

4:ZHOU Yang(中国)

5:WALTER Bianca(ドイツ)

6:MALTAIS Valerie(カナダ)

 

<第6組>

1:GEHRING Lana(米国)

2:JASZAPATI Petra(ハンガリー)

3:神長汐音(日本)

4:チェ・ミンジョン(韓国)

5:PROSVIRNOVA Sofia(個人資格(ロシア))

6:李靳宇(中国)

 

 

<予選通過条件>

各組上位3選手が準決勝へ進出。

見どころ

日本からは神長汐音菊池純礼菊池悠希が出場する。4~6人が同時にスタートし、各組上位3人が準決勝へ進める。注目選手は18歳の神長だ。昨年12月の全日本選手権1500mを制すなど、長距離を得意とする。同種目は中国・韓国勢らの強敵が相手となるが、スタミナ勝負で終盤まで食らいつき、最後に追い越す展開に持ち込みたい。

種目一覧

男子

女子

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 9.0以上
Android 4.0.3以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。